まつ毛育毛

つけまつ毛とまつ毛育毛の違い

まつ毛育毛剤と似ような美容法としてあるつけまつ毛。
両者はおなじようにまつ毛を魅力的にみせる美容法ではあり、豊かできれいなまゆ毛を実現するといった意味では同じです。ですが、そのやり方などはまったく異なるもの。

まつ毛は、髪と同じく生え変わるサイクル「毛周期」があり、この毛周期によって毎日1日3~4本程度のまゆ毛が自然に抜けていきます。この成長期は成長初期・成長期・後退期・休止期の4つに分けられ、まつ毛がそれぞれの周期を経て生え変わっていきます。個人差もありますが、大体数週間から数ヶ月のサイクルでおこなわれていきます。ただ、ビューラーや付けまつ毛などを使うことで、地毛であるまつ毛が傷ついてしまうと、サイクルの途中でも抜けたり、最悪、生えなくなってしまうほどのダメージを与えられる事も…。

このつけまつ毛とは、まつ毛を強調するためにつける人口的なもの
まぶたのカーブに沿うように作られた曲線状の極細いゴムやプラスチック製の軸に、毛が植毛されています。軸には接着剤を塗り、まつ毛の生え際に貼り付けます。つけまつ毛は人工的なアイテムなのに対して、まつ毛育毛は自分の毛を育てていくものです。人工と本物という違いがあります。入手のしやすさも、まつ毛育毛剤は医薬品として医師に処方してもらうか個人輸入となり、価格的にも決して安くはありません。
つけまつ毛は種類も豊富に、美容商品を扱っているところやドラッグストアで手軽に購入することができます。値段もピンからきりまでありますが、比較的安い金額で購入することが可能です。ただ、使用上の注意についてはどちらも気をつけなくてはいけないものとなっています。

どちらもまつ毛をきれいに見せるものではありますが、人工的に瞬間的に増やすのか、時間がかかるけど本物のまつ毛を増やしていくか…といった違いを持っているのです。

まつ毛育毛

↑ PAGE TOP