まつ毛育毛

まつ毛育毛剤の副作用は?

もともとは、緑内障の治療薬として開発された「ルミガン」。
まつげの増毛や育毛にも効果があることがわかり、若い女性が緑内障でもないのにルミガンを求めるようになって話題になりましたね。確かに、まつ毛が太くなって長くなるという育毛効果があることはわかりますが、さまざまな副作用がある危険性が懸念されえています。

ルミガンが緑内障に効果のある理由

緑内障の原因は、視神経が傷つくことによるものですが、眼圧が高くなってしまうことも関係しています。
そこで、治療薬であるルミガンを使用するわけですが、ルミガンは眼圧を下げる効果があり、それによって緑内障の進行を遅らせることができます。もともと眼圧が高くなっている人に使用して、正常な眼圧に戻すことを目的にルミガンを使用しているのです。

緑内障でない人がルミガンを使用すると

緑内障でない、正常な眼圧の人がルミガンを使用するとどうなるのでしょうか?
もともと眼圧が低い人もいるようですが、眼圧が低くなり過ぎると、目の中の圧力が弱くなるということになります。
そうすると、眼球がやわらかくなって、眼球の形を維持できずにしぼんでしまう危険性があります。
その結果、ものを見る時にピントが合いにくくなったり、目がかすんできれいに見ることができなくなったりします。
最悪の場合、失明する可能性もあるかもしれません。眼圧は高すぎても引くすぎても良くないのです。

まぶたに塗ることでも副作用の危険性がある

それならば、目に入れなければいいと思うかもしれませんが、まぶたに塗り続けることでも副作用が起こる可能性もあります。

たとえば、まぶたにルミガンを塗り続けることによって、上まぶたのヒフが薄くなって、まぶたが垂れ下がってしまったり、色素沈着が起こったり、健康以外にも美容的な面で副作用が現れることもあります。せっかくまつ毛を伸ばしてきれいになったとしても、まぶたが垂れ下がったり色素沈着を起こしてしまっては、台無しではないでしょうか?

まつ毛の育毛剤としてルミガンが使用されるようになって、まだまだ日が浅いので、副作用の症例の数が多くないこともありますが、こういった危険性もあることを知っておく必要もあるのではないでしょうか。もともと病気のために作られたものですので、正常な人が使うことによって何らかの副作用が起こる可能性は決して低くないのです。

まつ毛育毛

↑ PAGE TOP